猫砂さくさくミシュラン

猫砂さくさくミシュラン

アイコン ここでは、我が家で使用している猫砂の変遷をご紹介します。このページの猫砂ミシュランは、あくまでもウチのにゃんずの場合に限ってであることを、ご了承くださいm(_ _)m

アイコン 皆さんの猫ちゃんが愛用している猫砂を是非教えてください猫logy Life 掲示板に、お気に入り猫砂のメーカー名や名前など(分かる範囲で結構です)、どの点が気に入っているかなど、お気軽にカキコしてくださいね♪
人気の高いものは、こちらのページでご紹介していきたいと思います。

猫砂ジプシーのはじまり

ラピスを迎えた直後、猫砂選びの一番のポイントは、“軟便”に一番合った砂選びでした(^-^;)。具体的には、砂粒が細かいことと、臭い対策です。砂粒が粗いと、ウンチの表面を覆ってくれず、ラピが砂かけをしようと体勢を変えた時に、剥き出しのウンチを踏んでしまう危険性があります;;。また、軟便は臭いが強烈なので、できれば砂自体に強い消臭効果があるものを選びたいと思いました。
紙系、木材系、鉱物系、数種類の猫砂を数日間ずつ試してみて、これだ!!!という“運命の猫砂”にめぐりあいました。それは、鉱物系の砂エバークリーンです。
この商品は砂粒がとても小さいので、軟便の表面をすぐにキレイに被ってくれます。オシッコの固まり具合も良好。そして、何よりとても良い香り。この3点が気に入って愛用していたのに、ある日事件が....。

砂かけの下手っぴなラピが、派手にかいた砂が、ラピの目の中に入ってしまったんです(><)。目の中の水分を吸って、目の粘膜と一体化してしまった砂粒は、とてもシロウトが取り除ける状態ではなく、慌ててラピを連れて病院に走りました;;;。
この時に先生に伺ったお話では、鉱物系の砂は、飼い主の喘息を悪化させる危険性があるとのこと(管理人は喘息持ちです(^-^;))。砂かけの下手なラピが、また砂を目に入れてしまう可能性も考え、なるべく自然素材のものに変えてくださいと言われました。次の猫砂ジプシーのはじまりです;;;。以下、変遷を表にしてみました。

*鉱物系の砂*(お試しbyラピ)  
◎メリット 本物の砂に近い感触なので、猫さん達が好みやすい
ウンチにくっつきやすく、すぐに表面を覆ってくれる
オシッコの固まり具合良し
×デメリット 目の中に入ると、粘膜と一体化してしまい危険
粉塵が飼い主の喘息を悪化させるとの報告あり
トイレに流せない為、取ったウンチをゴミ箱にキープしなくてはならない
◆エバークリーンは、とても香りが良くホコリもあまり立たないので、一時期愛用していました。目に入る事故以来、使用を中止。
 
*紙の砂*  
◎メリット 使った事がないので不明
×デメリット 粒が軽いので、きっとラピの派手な砂かけアクションでは、部屋中に巻き散らかされるであろうと候補に入れず
 
*シリカゲル系の砂*  
◎メリット 使った事がないので不明
×デメリット 猫さんが大量に誤食した場合、自然素材の砂と比べて危険だと主治医にアドバイスされ、候補に入れず
 
*木の砂*(お試しbyラピ)  
◎メリット 万が一誤食した時や目に入った時、化学変化を起こしたりしない
商品の種類が多く、粒の大きさや重さなどに選択肢の幅がある
天然の木の香りが良い
×デメリット 表面を荒く仕上げている粒はウンチにくっつきやすいが、肉球にも挟まりやすい。逆に表面を滑らかに加工してある粒は、足につかない代わりにウンチにもくっついてくれない。
オシッコの固まり具合が、いまひとつの商品もある。
◆木の砂はほとんどの製品を試しましたが、その中ではドイツの森の砂が使いやすかったです。木の製品の中では、オシッコもまあまあ固まり、ウンチへのくっつき具合も合格点。が、ささくれているので、肉球に挟まりやすく、部屋が木の砂だらけになりました(^-^;)。
 
*米ぬか系の砂*(お試しbyラピ)  
◎メリット 結局使えなかったので不明
×デメリット 米ぬかトイレを設置した途端、ラピはばりばり食べました(T-T)
粒の細かさが魅力的な2製品を試しましたが、どちらもラピにとっては食べ物にしか見えなかったようです。使えれば、きっと良い結果が出ていたと思いますが(^-^;)
 
*おから系の砂*(お試しbyラピルナルキア)  
◎メリット 天然成分なので万が一誤食した時や目に入った時、安心
トイレに流せる
オシッコの固まり具合良好
×デメリット 豆腐臭い(笑)。夏は頻繁に取り替えないとゴキを呼ぶらしい( ̄◇ ̄;)
◆最初の頃は、トフカスパインとMKトフカス(トフカスKという商品と内容は同じ)をミックスして使っていました。トフカスパインは、おから以外にパイン材が配合されている為、おから臭を和らげ誤食を防いでくれます。オシッコの固まり具合はたいへん良好♪。MKトフカスも、オシッコの固まり具合が良いです。さらに、トフカスパインよりも粒が細かい為に、ゆるめのウンチにもしっかり付いてくれるというメリットがあります。
◆2009年1月追記。今現在は、やはりおから系の猫砂である「トフカスPee」を使っています。トフカスパインとコストパフォーマンスは大差ないのですが、砂にほのかな桃の香りが付いていて、快適に使えること。トフカスパインよりも粉っぽさが少ないことから、トフカスPeeに乗り換えました。姉妹品で「トフカスLee」というリンゴの香りの猫砂もありますが、そちらは少し香りがきつかったので、Peeにしました。
 
*ニャンとも清潔トイレ*(お試しbyラピルナ)  
◎メリット 匂わない。衛生的。ホコリっぽくならない。砂やシートの取り替えが楽。
×デメリット オシッコをスルーする構造で、オシッコ玉ができない為、オシッコの量や回数がわからない点が不安。砂粒がとても大きいことと、砂の形状から、ウンチをうまく覆ってくれず、むき出しウンチをフミフミすることがあり(; ̄ー ̄A
◆匂わない、ホコリっぽくならないと大評判のニャン清トイレ。おから系よりも衛生的かなと思い、お試しで一つ置いてみました。ラピルナ達は、最初の頃こそ、物めずらしさに立ち寄っていましたが、そのうち、見向きもしなくなって(何故??)、もともとあったトイレの方を使っていました。母達にしても、やはりオシッコの量や回数がチェックできない事には不安を感じるので、結局これを使うことはありませんでした。
 
*猫用PHマスター*  
猫用PHマスター ◆いつも使っている猫砂に少し混ぜておくだけで、オシッコのおおよそのPHが分かるという優れもの♪。オシッコがついた砂の色が、変わらなければ酸性、黄緑なら中性、青味がかった緑色になったらアルカリ性です。わざわざ採尿しなくても、にゃんこに全く負担をかけずに、一日のPHの変化がわかるのがグッドvv
以前はマジカルおしっこチェッカーという商品を気に入って使ってましたが、製造中止になってしまったので、代わりに、このPHマスターを使っています、いえ、いました(><)。
というのも、とうとうこのPHマスターも製造中止になってしまったようです〜(T-T)。あれこれ探して、PHをチェックする砂粒が最初から数%混じっている木材系の猫砂は見つけたのですが、やはり今気に入っている砂に混ぜて使うタイプが欲しい...。

 

砂に頼れなくなったので、たまにPHスティックで調べるようにしていますが、アバウトとはいえ毎回のオシッコをチェックできる安心感は、PHチェック砂の方が上ですね。砂で毎回チェックして、少しアルカリ気味かなと思えばPHスティックで検査、という二段構えが一番良かった...(T-T)。どこかのメーカーさんで、早く新しいPHチェック砂を出してくれないものでしょうか...。
◎その他の猫トイレグッズや、使用感については「猫印良品」でもご紹介しています >>「猫トイレ用品」

猫砂評価@「ねこのきもち」

我が家のさくさくミシュランはあまりにも偏りすぎている面がありますので(;^-^A、ここで「ねこのきもち 2006年10月号」(株式会社ベネッセコーポレーション発行)に掲載されていた、タイプ別猫砂のメリット&デメリットを引用させていただきます。
*紙系*  
◎メリット ・軽いので持ち運びがラク
・白い砂は尿の色がチェックしやすい
・水洗トイレに流せる商品もある
×デメリット ・濡れるとべたついてトイレ容器にくっつきやすい
・オシッコが臭いやすい
 
*木材系*  
◎メリット ・ひのきの消臭成分で匂わない
・木の持つ「抗菌作用」を利用した商品も
・自然な香りで猫が慣れやすい
×デメリット ・砂が肉球に挟まりやすい
・砂が崩れて粉末になりやすい
 
*鉱物系*  
◎メリット ・消臭効果に優れている
・オシッコを固める力が強い
・自然の砂に近く猫が慣れやすい
×デメリット ・可燃ゴミとして出せない場合も
・重いので持ち運びが大変
 
*食品系*  
◎メリット ・水洗トイレに流せる商品が多い
・猫が口にしても比較的安全
・庭の土に戻せて環境に優しい
×デメリット ・食品と間違えて食べる猫がいる
・夏場は虫が寄りやすい
 
*シリカ系*  
◎メリット ・脱臭効果に優れている
・尿の塊の処理や砂の継ぎ足しが不要
・ホコリが立たない
×デメリット ・基本的に可燃ゴミとして出せない
・排尿量や回数が把握しにくい