愛猫をFIPから守る[1]

愛猫をFIPから守る[1]

アイコン 検索エンジンから直接このページにこられた方へ

ネココロナウイルスとFIPウイルスはたいへん解釈が難しいウイルスです。是非「ネココロナウイルスについて」全ページに目を通していただきますようお願いいたします。
また、インターキャットやビムロン、各種サプリメントの有効性については様々な意見があり、当サイトは、とくにその使用を皆さまに積極的に推奨するものではありません。

アイコン これまでに見てきたように、FIP発症のそもそもの発端は、ネココロナウイルスへの感染です。
それでは、このネココロナウイルスへの感染を防ぐ手段はないのでしょうか。
あるいは、ネココロナウイルスに感染してしまった子が、FIPを発症することを未然に防ぐ予防法はないのでしょうか。

残念なことに、現在のところ、ネココロナウイルスへの感染も、FIPの発症も、完全に防ぐ方法はありません。ただ、ネココロナウイルスの性質や、FIP発症の傾向を知ることで、100%とはいえないまでも、猫をとりまく人間が、猫たちのために少しでもしてあげられることは、あるのではないでしょうか。

繁殖をされる方々に伝えたいこと

子猫が生まれるのは、いわゆる“野良”にゃんのママ猫が出産するか、あるいは、キャッテリーや、猫さんを飼っているお家で、出産させるというケースだと思います。このうち、お外ママ猫の出産はさておいて、人間が介在する出産の場合には、是非、心がけていただきたいことがあります。

(※以下に挙げることは、既に多くのブリーダーさん方が、当然実践されていることだと思います。が、「我が家とコロナウイルス」の中でも書いたように、中にはネココロナウイルスについて、間違った認識をおもちのブリーダーさんもいらっしゃるようなので、たいへん僭越ながら、あえて書かせていただきますm(_ _)m)

一つには、抗体価の高い子を繁殖に使わないこと。抗体価が高い子にとっては、発情も出産も大きなストレスになります。また、子猫が生まれた後、ママ猫は子猫のすぐそばにいて世話をしているわけですから、子猫への感染の可能性が多いにあり、蔓延の一因になります。抗体価は猫の体調によっても変動するものですから、親猫候補の猫さん達の抗体価は、1度や2度だけではなく、定期的にチェックしていただきたいと思います。

親猫の抗体価が100以下(陰性判定)であることは理想ですが、ネココロナウイルスの性質を考えれば、だからといって、そのキャッテリーに、ネココロナウイルスが存在しないとはいえません。出産後も、排泄物をすぐに始末して周囲を除菌するなど衛生面に気を配り、子猫の栄養面にも配慮し、体内に入ったネココロナウイルスに打ち勝てるような、強い免疫力をもった丈夫な子猫を育てていただきたいと思います。
子猫のお腹に寄生虫がいたりすると、充分な栄養吸収を妨げますので、まずは、寄生虫などの排除できる悪い要素を徹底的に排除することが、ひいては、FIPから猫たちを守ることにも繋がります。

たまに、ウェブ上で「子猫は4週齢で隔離すれば、ネココロナウイルスの感染から守られる(=コロナウイルスフリーの子猫ができる)」という文言を目にすることがありますが、ネココロナウイルスの性質を考えると、ある獣医ウイルス学の専門家が書かれているように、「もちろん、これで100%完全ではなく...」という、可能性の問題だと思います。

※抗体価検査の「陰性」は、正確には「体内にネココロナウイルスを全く保有していない」という意味ではありません。Web上で、「コロナウイルスフリー」という言葉を見かけることがありますが、それが、真の意味(ネココロナウイルスに全く感染していないという意味)での「コロナウイルスフリー」なのか、陰性判定の猫をアバウトに「コロナウイルスフリー」と呼んでいるのか、両者を混同して表記しているケースが多いように思われます。

また、“4週齢隔離説”??から派生して「ネココロナウイルスの感染から守る為に、生後4週齢の子猫をブリーダーさんから譲ってもらいましょう」という専門家の意見もありますが、ブリーダーの方々はこれをどう受け止められるでしょうか。私は、子猫育てには全くの無知ですが(;^-^A、ネココロナウイルスフリーの“可能性”と引き替えに、しっかり離乳もできていない生後30日にも満たない子を、あえてママ猫から隔離したり、新しい環境に移し、新しい飼い主が育てたりすることが、その子猫にとって本当によいことなのか、とても不安を感じます。

ネココロナウイルスや抗体価については、認知度の低さから、何かと誤解を招きやすい面もありますので、猫さんの繁殖をされる方達には、1.抗体価の高い子は繁殖に使わない、2.衛生と栄養に気を配って、免疫力の強い子猫を育てる、3.子猫を譲る方に、正しいネココロナウイルスの知識を伝える。
猫を愛する一猫ママとして、この3点を是非お願いしたいと思います。

猫が複数いるところ、ネココロナウイルスが必ず居るといわれます。が、だからこそ、蔓延を防ごうとするブリーダーさん方のご尽力が、大きくキャッテリーの環境を左右するのではないでしょうか。繁殖に携わっている方々は、当然、一般の猫飼い以上に、猫さんの病気についても詳しく、一頭一頭の健康・衛生管理に充分に気を配ってくださっているものと、つねに私達猫ママ猫パパは期待しているのです。

ペットショップの管理者の方々に伝えたいこと

ペットショップで生体を扱うこと自体、いろいろと思うところはあります。が、そのことはここでは差し控え、今現在、猫さんを販売しているショップの方達へのお願いとして書かせていただきます。

ペットショップには、とても多くの子猫や人間が集まります。その分、衛生面には、くれぐれも気を配っていただきたいです。

ペットショップから子猫をお迎えしようと考えている方は、何度かペットショップに通い、そのショップが衛生管理をどれだけきちんとしているか、是非、確認してみてくださいね。

スタッフは、1ニャンの世話をした後、毎回手を洗って(or消毒して)から、次の子のお世話をしていますか。トイレの中に、ウンチがそのまま転がっていませんか。食器など、毎回きちんと洗ったものを使っているようですか。違うキャッテリーからやってきた子猫たちを、一つのケージに入れてはいないですか。

私達がラピスを迎えたペットショップでは、お客さんは子猫に触る前に、必ず除菌ウエットティッシュを渡され、他のお客さんがあまり来ないような、お店の隅の“ふれあいコーナー??”のみで、抱っこすることができました。ラピを迎えると決まってからは、「一切他のお客さまには、触れさせません」と約束してくださいました。その点は、どこのショップでも、そうあってほしいと思います。

ただ、ラピスのタチの悪いネココロナウイルスが、どこで根付いたのか。ブリーダー宅だったのか、ショップ内だったのか、それはわかりません。ラピスに運命を感じてしまった私達は、担当スタッフから軟便のことは聞かされていましたが、この子のお腹は絶対に私達が治してみせるという覚悟でお迎えをしました。が、本来、健康な子猫を選ぶ一番のポイントは、よいウンチが出ていることです(;^-^A。ショップで子猫を選ぶ際は、ウンチの状態を、きちんと確認してくださいね。

最近では、ネココロナウイルスの蔓延を防ぐべく、積極的に衛生管理に取り組むペットショップも、少しずつ増えてきているようで(お店にそういった宣言を張り出しているところもあるようです)、その傾向は、とても嬉しいことです。(その一方で、まだまだ環境の劣悪なショップも少なくありませんが(´Д`))

ペットショップの店長さんに、ネココロナウイルスについてお話しを伺えば、そのお店の姿勢が、より分かるでしょう。

獣医師の方々に伝えたいこと

ネココロナウイルスに対する獣医さんの考え方には、とても個人差があると、常々感じています。本来は、ペット達の病状は、どこの病院を受診しても、同一の診断がくだされるのが理想だと思いますが、ネココロナウイルスとFIP発症のメカニズムが100%解明されていない以上、ある程度は仕方のないことかもしれません。

避妊、去勢時の術前血液検査で、抗体価まで調べる病院もあるようですが、個人的には、この時期の猫さん達は、ヒートのストレスで(明らかにヒートの兆候が現れていなかったとしても)、抗体価は高く出がちなのではないかと思います。友人の猫さんも、術前検査でMAX6400の数値が出てしまいましたが、それを手術後数日してから知らされ(たいてい抗体価の結果が出るまでに数日かかります)、先生からは詳しい説明もなく「ヒートの影響だったのでしょう。とくに心配はないから、様子見して再検査しましょう」とだけ言われたそうです。それなら何故測ったのか、疑問です;;。

また、下痢・嘔吐・発熱などで受診をした際に、抗体価検査を受ける場合もあります。この場合には、当然獣医師が、FIPのことも念頭に入れての検査ということになると思いますが、いろいろな猫ブログでの受診記録や、これまで本館「Somalism***」の方にメールをくださった猫ママ猫パパさん方のお話を聞くと、どうも、抗体価検査やネココロナウイルスについて、説明不足の先生が多い感が否めません。中途半端な説明をうけ、なまじ「コロナ」や「FIP」といった言葉だけが頭に残り、帰宅後「FIP」についてサラッと調べてみて、パニックを起こしてしまうケースも数多く見聞きしました。

また、私どもにいただいメールの中で、「愛猫の治療にビムロンを使ってほしいとかかりつけ病院に相談したら、ビムロンのことを知らなかった」と書かれている方もいます。経口インターフェロン「ビムロン」が認可されて2年半。いまだ、その存在さえ知らない先生がいらっしゃることは、意外でした。

獣医師の方々には、是非、新しい情報にも積極的に耳を傾けていただくと共に、特に、抗体価検査・ネココロナウイルス・FIPなど、獣医療従事者でないに私達には理解が難しいところですので、飼い主が過度の不安に陥ることのないよう、充分な説明をしていただきたいと思います。

ママパパが心がけたいこと

我が家の場合は、たまたまラピスが頑固な軟便子猫だったことで、抗体価も測ることになりましたし、結果として、ネココロナウイルスと長く闘うことになりました。が、通常は、ネココロナウイルスに感染しても、症状が出る子の方が少ないですし、健康な子は、自分の免疫力で自然治癒してしまいます。

ですので、愛猫に全く気になる症状のないママさんパパさんは、どうか、当サイトのネココロナウイルス特集??をご覧いただいても、過度に心配なさらないでくださいね(ずいぶん勝手な言い方ですがm(_ _;)m)。かつての私達と同じように、愛猫の高い抗体価に心を砕いているママさんパパさんに、少しでもお役に立てればという気持ちで作成しています。

ただ、多くの猫ママ猫パパさんに、こういうウイルスが存在するということと、広い意味で、愛猫の健康管理には、ストレスの少ない生活と免疫力のアップが重要だということを知っていただければ幸いです。

ネココロナウイルスやFIPに限ったことではありませんが、今は、インターネットで多くの情報を得られる時代です。もし、愛猫にどこか健康上の不安があった時などは、主治医の説明をよく聞くこととはもちろんですが、それと併行して、インターネットや書籍などで自ら勉強することもできます。また、そこで得た知識をもって、獣医師と話をすれば、治療法についてもさらにつっこんだ話ができると思います。

時々、「○○ちゃんの具合が悪く、今日病院に行ってきたが、先生の説明された言葉がよくわからなかった」という日記を目にすることがあるのですが、何故、お家に帰ってきてから、メモとペンを用意して先生にお電話で伺わないのかなと思います。不安のあまり、“どうしていいかわからない”と綴られているママさんパパさんのお気持ちはよくわかります。でも、その不安な顔を、愛猫に見せたりしていませんか。猫さんは、敏感にママパパの顔色を読みます。その悲しげな表情が、さらに愛猫のストレスになっているかもしれません。

「どうしていいかわからない」と言っている間に、同じ病状の他の猫さん達が、どうやって回復したのか。多分、インターネットで検索すれば、同じ病気の子の闘病記はいくらでも見つかると思います。様々な専門家の病気の解説ページも、読むことができます。そうやって、是非、病気との闘いにそなえてください。とても厳しい言い方かもしれませんが、心配して落ち込んでる暇があったら、猫トイレの掃除を今まで以上に頻繁にしてください。食欲の落ちている愛猫のために、手作りご飯にも挑戦してみてください。気持ちを強く持って、愛猫に笑顔を見せてあげてください。

我が子を守るのは、ママパパにしかできません。

※以上4項目、分不相応な生意気なことを言いまして、本当に申し訳ありません。
ただ、健康な子猫を迎え、いつまでも元気に長生きしてもらうこと。そんな当たり前の願いが打ち砕かれるような悲しみは、少しでも減らしたいと、その一心で綴らせて頂きましたm(_ _)m。