ワクチンについて

ワクチンについて

アイコン ワクチンとは

「感染症の予防に用いる医薬品。毒性を無くしたか、あるいは弱めた病原体から作られ、弱い病原体を注入することで体内に抗体を作り、以後感染症にかかりにくくする」

わかりやすく言うと、体に悪影響を及ぼさない程度まで弱めた(弱毒性の)病原体を先に体に入れることで、その病原体と闘う為の「抗体」を、あらかじめ作ってしまうのです。そうすると、次に、本当の(強毒性の)病原体が体内に侵入した時には、抗体無しの状態よりも、ずっと軽症ですみ、命を落とすことを防げるというわけです。(感染そのものを100%防げるという意味ではありません)

愛猫を守るために、打てる限りのワクチン接種を希望されるママさんパパさんもいらっしゃいますが、ワクチンは、弱いレベルとはいえ、一時的に病気に罹患した状態をつくるものです。副作用のことも念頭におき、その子の生活スタイルでは、どのワクチンが必要なのか、主治医とよく相談してみてください。もちろん、愛猫の健康状態がよい時に接種することは、言うまでもありません。

アイコン 生ワクチンと不活化ワクチン

猫のワクチンには生ワクチンと不活化ワクチンの2種類のタイプがあります。

生ワクチン=弱毒化したウイルスを使用。効果は大きいが副作用もある。
不活化ワクチン=完全に活性をなくしたウイルスを使用。効果は、生ワクチンより小さいが、副作用が少ない。

一般的には、そう言われてきました。が、最近は「不活化ワクチン」の添加剤であるアジュバントが、肉腫(腫瘍=癌)の発生と関係があるのではないかということが言われています。ただ、肉腫の発生率は極めて低く、因果関係も、まだはっきりとは解明されていないようですので、今後の研究が望まれます。ちなみに、私達がこれまでお世話になってきた病院、現在お世話になっている主治医、電話でワクチンの問い合わせをした数件の病院は、みな不活化ワクチンを使っている病院でした。

アイコン ワクチンの種類

予防できる病気3種混合猫白血病4種混合5種混合7種混合
◎ 猫ウイルス性鼻気管炎 
◎ 猫カリシウイルス感染症  
◎ 猫汎白血球減少症 
○ 猫白血病ウイルス感染症 
○ クラミジア感染症   

※3種混合ワクチン → 必ず接種すべき「コアワクチン」とされる
※7種混合ワクチン → 3種・4種混合ワクチンでは1つのタイプのカリシウイルスの予防しかできなかったが、7種混合ワクチンでは3タイプのカリシウイルスを予防することができる。


アイコン 注意が必要な、FeLV(猫白血病ウイルス感染症)のワクチン

FeLVワクチンの接種には、注意が必要です。

このワクチンは(特に海外で)接種部位にしこりが出来たり、そのしこりが悪性腫瘍化するという副作用が報告されています。通常、動物のワクチンは背中の肩甲骨の間に接種するのが普通ですが、ここで悪性腫瘍が発生すると、手術により切除するのが非常に困難になってしまいます。そのため、FeLVワクチンを接種するときは背中ではなく、後ろ足や尻尾の先に注射することが推奨されています。

また、このワクチンは、FeLVに感染していない猫に対して行うものであり、接種前には当然感染の有無を検査すべきなのですが、その検査をしないままワクチン接種をおこなう獣医師が少なくないようです。この場合、猫がもともとFeLVウイルスを持っていたとすると、ワクチンを打ったことで活性化し、猫白血病を発症して死亡してしまう危険性もあるのです。
※検査をしたとしても、感染している猫から、ウイルスが発見されないこともあります(FeLVウイルスが骨髄内に潜んでいる、または感染後間もないために検査で確認ができないケースなど)。

このようにFeLVワクチンには、副作用のリスクがあるため、「屋外で飼育されており、よく喧嘩して来る」など、FeLVに感染する確立の高い猫にだけ、必要に応じて接種するのが望ましいとされます。

アイコン 最近のワクチンは3年に1回??

猫のワクチン接種は3年に1回でOKという話を聞いたことはあるでしょうか。これは、元々、アメリカで言われていることが日本に入ってきたものです。アメリカでは、日本以上に、猫が打たなくてはならないワクチンの種類が多く、全てのワクチンを1年ごとに打つと、猫の体に負担になってしまうこと。さらに、摂取率が日本よりも高いために、「集団」としての免疫力が日本よりも高く保たれているということがベースになっています。

ところが、日本のワクチン接種率は、「集団免疫」としての役割を十分果たすだけレベルには達していません。日本で製造・販売されているワクチンは全て、「1年に1回の接種」で認可が下りているので、もし3年に1回の接種で、万が一猫伝染性鼻気管炎や猫カリシウイルス感染症に感染・発症したとしても、メーカーとしては何の保障もしてくれません。

また殆どの場合、年に1回のワクチンを接種していない場合には、動物用の保険にも加入することができませんし、ペットホテルやペット同伴可の宿泊施設などでも、宿泊を断られるのが普通です。

3年に1回の接種を検討する場合には、これらのことをよく考えた上で、判断しましょう。

アイコン ワクチン接種の際の注意

・ワクチンはなるべく午前中にうつ(その後の様子に異常があった場合に、すぐに対処してもらえる。※強いアレルギー性の副作用が出るとしたら、30分〜数時間の間といわれているので、我が家はワクチンで受診する日は朝一番と決めています(;^-^A)
ワクチン前の健康診断を充分にしてもらう(少しでも気になる点があったら、それをしっかり先生に伝えるのはママパパの役目です)
慢性病や持病を持っている子、過去のワクチンで異常があった子は、あらかじめ先生に伝えておく
・接種後は、注意深く見まもり、何か異変があれば、すぐに病院の指示をあおぐ
接種2〜3日は、安静に努め、激しい運動、交配、シャンプーなどは避ける
・初年度のワクチンの場合、接種後2週間は、他の動物との接触を避ける(免疫力がつくまでにおよそ2週間かかる)