ネココロナウイルスについて

ネココロナウイルスについて

アイコン 旧コンテンツをリニューアルして、猫さんの健康と病気予防にもっと役に立てるようなサイトを作りたい。そう思った時、“ネココロナウイルス”というテーマは外せませんでした。
我が家に初めて迎えた猫、ラピス。このラピスの、ネココロナウイルスによる軟便にどう対処していくか、それが、私達にとって愛猫の健康を考える第一歩だったからです。

「ネココロナウイルス」「抗体価(抗体値)検査」「FIP(猫伝染性腹膜炎)」...猫ママ猫パパならば、一度は耳にしたことがある言葉だと思います。では、ご自身の愛猫も、ネココロナウイルスに感染しているかもしれないということはご存じでしょうか。

えっウチの子が;;;...と、驚かれた方も多いかもしれません。でも、心配しないでくださいね。ネココロナウイルスは感染力の強いウイルスですが、たいていの場合、感染しても、猫さんの体に何か悪さをするようなものではありません。

そして、健康な猫さんならば、自分の免疫力で、体内のネココロナウイルスをやっつけてしまいます。言い換えれば、ほとんどの猫さんが、ネココロナウイルスに感染したことには全く影響をうけずに、天寿を全うするのです。

ただ、ネココロナウイルスを保有している子の中には、子猫時代のラピスのように、ウイルスの影響で、軟便に悩まされる子達もいます。また、低いパーセンテージではありますが、ネココロナウイルスがFIPウイルスに突然変異して、FIP(猫伝染性腹膜炎)という病気を発症してしまう子もいます。このFIPは、とても致死率の高い病気です。

ネココロナウイルスでいるうちは、何でもない弱毒生のウイルスなのに、それが、ひとたびFIPウイルスに突然変異すると、恐ろしい強毒性のウイルスとなってしまう。この二面性に、ネココロナウイルスの特異性があります。さらに、ネココロナウイルスの感染経路や、FIP発症のメカニズムに関しても、未だ100%解明されてはいないという背景もあり、猫さんをとりまく社会には、ネココロナウイルスに対する誤解や偏見が多く見られます。


欧米に比べると、残念ながら、日本でのネココロナウイルスの研究は後れているようです。多くのウェブページでは、未だに、数年前〜十数年前の資料がそのまま使われており、それが、根強い誤解・偏見を助長しているようにも思えます。

私達は、愛猫の軟便をきっかけとして、ネココロナウイルスについて、真剣に学ぶ機会にめぐまれました。抗体価検査(ネココロナウイルスの勢いをみる検査)で高い数値が続き、我が子がFIPを発症してしまうのではないかという恐怖に怯えた日々も経験しました。そして、今は、ネココロナウイルスを持っているいないに関わらず、その子自身の免疫力を高めてあげることが、愛猫の健康管理にいかに大事かということを実感しています。

この「コロナウイルスについて」では、3年間の勉強を通じて、ネココロナウイルスについて信憑性が高いと思われた事柄を、拙いながらも、私達なりにまとめてみました。

多くの猫ママ猫パパに、ネココロナウイルスについて知ってほしい。愛猫の抗体価が高くて、不安に押しつぶされそうになっているママパパには、笑顔を取り戻してほしい。そして、猫さんに関わる人間が、ネココロナウイルスを正しく理解することで、FIPを発症する子が少しでも減ってくれますように....。このコンテンツは、その願いをこめて作っています。

*2008年8月1日追記*
最新のPCRという検査法では、FIPを正確に診断できるようになりました。詳しくは「健康豆辞典:猫さんの最新医療2008 ネココロナウイルス・猫伝染性腹膜炎(FIP)」をご覧ください。