ネココロナウイルス(FCoV)

ネココロナウイルス(FCoV)

アイコン 検索エンジンから直接このページにこられた方へ

ネココロナウイルスとFIPウイルスはたいへん解釈が難しいウイルスです。是非「ネココロナウイルスについて」全ページに目を通していただきますようお願いいたします。
また、インターキャットやビムロン、各種サプリメントの有効性については様々な意見があり、当サイトは、とくにその使用を皆さまに積極的に推奨するものではありません。

アイコン 前ページでみてきたように、FIPという病気のそもそもの発端になっているのは、「ネココロナウイルス(FCoV)」への感染です。ネココロナウイルスは、どこにでもいるウイルスで、どの猫さんが持っていても不思議ではありません。先ずは、このネココロナウイルスを正しく理解することが、FIP発症から愛猫を守る第一歩になるのではないでしょうか。

繰り返しになりますが、FIPと同じく、ネココロナウイルスについても、古い情報・正確性を欠いた表現が多く流布しているようです。ここでも、海外の最新の研究などを積極的に取り入れていらっしゃる専門家の記載、複数の開業獣医師のご意見、検査機関への直接の問い合わせなどを通じて得たことを総合し、極力、信憑性が高い内容になるよう心がけています。

※私達は医療従事者ではありませんので、こちらの記事は、あくまでも専門家による記載や口頭での表現のとりまとめ、及びリライトであることをご了承ください。専門用語の使い方などに誤りがありましたら、是非、ご指摘いただきますようお願い致しますm(_ _)m

ネココロナウイルスとは

ネココロナウイルスは、猫が集団で生活している場所には必ずといってよいほど蔓延しているウイルスです。言い換えれば、あなたの愛猫も、キャッテリーで、ペットショップで、生まれたお家で、あるいはお外で、ネココロナウイルスに感染した経験がある可能性がとても高いということになります。

ですが、ネココロナウイルスの多くは、病原性を示さない弱毒性の「ネココロナウイルス」です。子猫が感染すると、下痢・軟便や嘔吐がみられるケースもありますが(我が家のラピスの子猫時代の軟便もネココロナウイルスの影響によるものでした)、成猫では無症状のことも多く、命に関わるような深刻なウイルスではないと言えます。さらに、健康状態が良好な子ならば、自分の免疫力で自然治癒してしまう場合が、ほとんどです。

ネココロナウイルスを保有する猫の体内で、ネココロナウイルスが「FIPウイルス」に突然変異し、さらに、変異したウイルスに、猫自身が強いアレルギー反応を起こすと、FIPを発症します。(>>FIPについて、詳しくは「FIP(猫伝染性腹膜炎)」をご覧下さい)

ネココロナウイルスの感染経路は

猫が複数居るところには、必ず居るといわれるネココロナウイルス。それでは、このウイルスは、どのように感染していくのでしょう。

ネココロナウイルスを持った猫は、便の中にネココロナウイルスを排出し、それが他の猫の口や鼻を通して感染していくと考えられています。グルーミングやケンカなどの行為、猫が使う食器なども、感染経路として考えられます。
また、ネココロナウイルスは、空気中にも存在することから、空気感染の可能性を示唆している文献もあります。私達も、インターネット上の情報以外に、複数の獣医師に伺ってみましたが、空気感染の有無については、100%明らかではないようです。さらに、人間がネココロナウイルスを運ぶこともあると言われています。

(※シャープが開発したプラズマクラスターイオンは、空気中のネココロナウイルスを99.7%除去することが検証されており、我が家でもこの機能がついた空気清浄機を猫トイレの横に置いて使っています。もちろん、これを付けることで家の中のネココロナウイルスが死滅するとは思っていませんが(^-^;)。)

このように、猫に容易に感染するネココロナウイルスの性質を考えれば、「猫が複数いるところ必ずコロナウイルスあり」と言われることも、頷ける気がします。

ネココロナウイルス抗体価(抗体値)検査とは

◎ ネココロナウイルス抗体価検査は、簡単にいえば、その猫が、ネココロナウイルスに感染しているかどうかを調べる検査(血清検査)です。ネココロナウイルスに感染すると、通常、猫の体内には抗体が作られるので、この抗体の量を調べるのです。
(ウイルスではなく抗体を調べるので、ウイルスが終息していても、時間差で抗体が残っている可能性がないわけではありません。そういう意味では、その猫がネココロナウイルスに接触したことがあるかどうかを調べる検査という方が正しいかもしれません)

ラピスの軟便の原因を探る検査の一つとして、初めて調べた抗体価が、6400倍(その検査機関で測れる最大の数値)だと聞いた時、私達はとてもショックでした。「高い抗体価=FIP発症=死」というイメージがあったからです。が、主治医からのお話しを聞き、そして、FIPについて様々な資料を調べるうちに、抗体価が高くても、決して絶望的にならなくてもよいのだということがわかりました。

◎ ネココロナウイルス抗体価検査は「FIP抗体価検査」と呼ばれることもあるので、たいへん紛らわしいのですが、正確には、「FIP抗体価検査」という呼び方は間違っています。この検査は、FIPウイルス抗体を測定する検査ではありません。猫の体内にあるウイルスが、単なるネココロナウイルスなのか変異したFIPウイルスなのかは、抗体価検査では区別がつかないのです。高い数値が出たとしても、FIPの症状が出ていない場合には、それは、弱毒性の「ネココロナウイルス」に対する抗体にすぎないことも多いのです。

(※最近では、誤解を招かないようにするため「FIP抗体価検査」を「ネココロナウイルス抗体価検査」と呼ぶことが徐々に主流になりつつあるようです。とても良い傾向だと思います。当サイトでも「ネココロナウイルス抗体価検査」、短縮して呼ぶ時には「抗体価検査」で統一しています。)

前ページ「FIP(猫伝染性腹膜炎)」でも触れたように、FIPの判定はとても難しく、その子の全身症状、抗体値、他の血液検査の数値(総蛋白、グロブリン、γーGTP等)を付き合わせ、獣医が総合的に判断するものです。抗体値が高くても、FIPの症状が無く、他の血液検査の数値にも異常がなければ、FIPを発症している可能性は低いと診断されます。

(※特に、ラピスの東京時代の主治医と現在の主治医、共通してチェックされるところは、総蛋白とグロブリンです。グロブリン値は、通常血液検査結果には表れていないと思いますが、総蛋白ーアルブミン値で求められます。グロブリン値は、絶対的な基準値があるというより、アルブミン値とのバランスをチェックするようです。なんら症状がなく、総蛋白も基準値以内であり、アルブミンとグロブリンのバランスが崩れていなければ、抗体価が高くても、FIPを発症している心配はまず無いとの説明を、両先生から受けました。)

◎ FIPの症状が出ていない子が、抗体価検査で高い数値を示してしまった場合、通常は、1〜3ヶ月後に再検査ということになり、それで数値が下がっていれば、ネココロナウイルスが終息に向っていると判断されます。
◎ 一般的に、その検査機関で測定できる最小測定値(一番多く利用されているエイミスやアイデックスラボラトリーズの検査では最小測定値は「100以下」)まで数値が下がると、「陰性」とされ、FIP発症の可能性はきわめて低いとされます。
(※現在のところ抗体価検査では「0」は測れません。実態として抗体が0であったとしても、抗体が10倍、20倍あったとしても、検査では同じ「100以下」です。つまり、ここでいう「陰性」とはネココロナウイルスが体内に全く存在しないことを保障する意味での「陰性」ではありません。一度陰性判定が出ても、再検査で、また上がっている場合があるのはこのためです)

検査機関によっては、「400」より低ければ、“安全圏”という意味で「陰性」と呼ぶところもあるようです(この場合は、総蛋白やグロブリンも必ず同時にチェックして「陰性」判定をするようです)。

なお、最大測定値に関しては、検査機関によって、6400、12800、25600、102400などがあるようです。例えば、最大値6400の検査機関で検査を受けた場合には、実態としての抗体価が6400倍であっても、100000倍であっても、同じ「6400」という判定になります。

抗体価検査の数値は一定ではなく、猫の体調やちょっとしたストレス等でも変動します。子猫のうちは、抗体価は特に変動しやすく、測っても、あまりあてにならないと言われるのはその所以です。

ある猫さんから採った血液を二度に分けて同じ検査機関に提出したところ、違う結果がかえってきたという報告もあり、抗体価はあくまでも「目安」にしかすぎません。一度の数値だけを重視すべきではないのです。むしろ、抗体価の変動で、ウイルスの勢いをみることに意義があります。
FIPの症状がない場合には、抗体価検査で高い数値が出ても、再検査で下がっていればまず心配はありません。が、高い数値から下がらない、あるいは上昇し続けた時には、注意が必要です。

愛猫の抗体価が高いと、飼い主は、精神的に強いストレスにさらされることになりますが、ネココロナウイルスを保有していること自体は、特別なことではありません。FIPさえ発症せず、何の症状もなく過ごしているのであれば、その子が健康な猫であることに何ら変わりはないのです。

ママパパが高い数値を心配するあまり、愛猫に不安な顔をみせることのないように(パパママの不安な顔は猫さんのストレスになってしまいます)、これまでと同じように楽しい生活を続け、免疫力のアップをはかりましょう。

*2008年8月1日追記*
従来、FIPは確定診断の難しい疾病でしたが、最新のPCRという検査法では、FIPを正確に診断できるようになりました。詳しくは「健康豆辞典:猫さんの最新医療2008 ネココロナウイルス・猫伝染性腹膜炎(FIP)」をご覧ください。